ブログ|早稲田墓陵

魂の故郷(いのちのふるさと)から一言

住職、副住職をはじめ龍善寺のスタッフが、日々の歩みの中で気づいたこと、
感じたことを綴ってまいります。一月1回の更新予定です。
これもご縁と、ちょっと息抜きにでも、お立ち寄りいただければ有難いことと思います。

お盆

7月のお盆の期間が終わりました、世界的に新型コロナウイルスの影響で、大変なご時世ですが、沢山のご来寺、ありがとうございました。

日頃より早稲田墓陵(龍善寺境内墓地、早稲田納骨堂、早稲田永代供養墓)にご参拝いただき、誠にありがとうございます。

納骨堂開館時間は、政府からの緊急事態宣言並びに東京アラート解除により、平日は午前九時から午後六時四十五分、土日祝日は午前九時から午後五時までと、通常通りに戻させていただきます。外の墓地については、従来通りお参り出来ます。

但し、再び緊急事態宣言並びに東京アラートが再度発令された場合には、開館時間を変更することがございます その際にはHP上でご連絡いたします。

 

7月8月と言えばお盆の時期です。お盆と聞くと、茄子や胡瓜の乗り物を作り、迎え火・送り火という事をする先祖の霊を供養するという、認識では無いでしょうか。

ですが浄土真宗の教えでは、亡くなられた後、仏になられるので、先祖の方を供養するといった仏事は行いません。

 

では、浄土真宗のお盆とは、どのような仏事かと申しますと、お盆だからと特別な事をする必要は、ございません。

ですがお盆という事で、お墓参りに行く事や、親戚で集まり故人の方を偲ぶのは、尊いことです。

しかし、そこで故人の方を偲んで終わってしまっては、いけません。先祖の方がいて私たちが今、どのように生きているか、という事を考えていかなければなりません。

ですので、親戚で集まり故人の事を偲ぶのもそうですし、お墓の掃除をして、自らの気持ちを整理していくのも、大事な事だと思います。

 

私自身お盆にお墓参りに行き、お墓を掃除していると、九十歳になっても元気で、自転車で買い物に行くような祖父、私が帰るとお腹が空いただろうと、食べ物を用意してくれた祖母が、一緒に暮らしていた事などを思い出します。

そして今は、一緒に暮らしていた祖父母は亡くなり、お墓の中にお骨が在ることを感じさせられます。

そしていつの日か、父も母も、私もこのお墓に入るんだと、限りある命を頂いている事を知らされます。

 

浄土真宗では、必ずお盆の期間のお参りをしないといけない、という事はありません。

ですが、このような機会は、年に何度もあるわけではございません、先祖供養のためでは無く、私自身の身に仏法を頂く、大事な期間だと思っています。

 

みなさまにはご不便をおかけしておりますが、早稲田墓陵(龍善寺境内墓地、早稲田納骨堂、早稲田永代供養墓)はお休み無しでお参りできます。

一日でも早く新型コロナウイルスが終息するよう、感染拡大防止に何卒ご理解ご協力をお願い致します。

くれぐれもみなさまお身体お気を付け下さい。

南無阿弥陀仏

 

副住職 畠山敬光

一覧ページに戻る