ブログ|早稲田墓陵

魂の故郷(いのちのふるさと)から一言

住職、副住職をはじめ龍善寺のスタッフが、日々の歩みの中で気づいたこと、
感じたことを綴ってまいります。一月1回の更新予定です。
これもご縁と、ちょっと息抜きにでも、お立ち寄りいただければ有難いことと思います。

きのうの薔薇

約1年前に逝去した夫は、私が勤めている浄土真宗(真宗大谷派)龍善寺の魂の故郷早稲田墓陵 早稲田納骨堂に納めています。
早稲田納骨堂は、日々お参りの方々がお供えされた花々で彩られているスペースもあり、屋内にいながらにして季節を感じることが出来る空間です。
そして、参拝者の一人でもある私個人として、夫と向き合える安らぎの場のひとつにもなっています。

 

もし、その夫が生きていれば、つい先日が銀婚式だったはずなのに。
そんな思いを抱えながら帰宅すると、娘から
「お父さんからだよ」と赤い薔薇の花束を渡されました。
そしてカードには、『あなたに会えて良かった』というメッセージが添えられていましたが、
思わず、「でも、お父さんは、私に会えて良かったと思っているのかなぁ」と、つい本音を口にしてしまった私。
そんな私に「そう思っているに決まっているでしょ」という娘からの一言に、何か救われた気がしました。
ちなみに、赤い薔薇5本が、『あなたに会えて良かった』という意味だそうです。
娘から、綺麗な花束を受け取った喜びと同時に、夫のからの最高のプレゼントは、この優しい娘であったことを実感した瞬間でもあります。

早稲田納骨堂へ参拝される方に、少しでも安らぎを感じてもらえるように、これからも早稲田納骨堂にお供えされる花々を、日々お手入れしていきたいと思っています。

魂の故郷早稲田墓陵 早稲田納骨堂 スタッフ
矢野 ゆりか

スタッフ

一覧ページに戻る